くどき上手

武勇

最近行きだした天王寺の居酒屋。

『シモタヤ』ではなく『しもたや』だった。

舌もいい加減だが、眼もいい加減だな。

3回目の飲み比べは山形の『くどき上手』と茨城県の『武勇』。

飲み比べというほどの厳密なことはしていない。

ただ、ひとつだけを飲んだ場合、甘いのか辛いのかが

わからない。特に日本酒度が5以下の場合は微妙なので

いい加減な舌の持ち主としてはついついもうひとつの酒と

飲み比べとなってしまう。

2種類の酒を飲んでほろ酔い加減もまたいいものである。

『くどき上手』は山形県の亀の井酒造の大吟醸で

先日飲んだ『ばくれん』は『くどき上手』の中の超辛口なのである。

それから『武勇』は茨城県の有限会社モロオカの辛口純米酒である。

アテはお造り五種盛りで写真は撮らなかったが、サザエもあり

なかなか美味しかった。

『くどき上手』も『武勇』も辛口ではあるが、わりとスッキリした味で

どちらがいいともいえない。

しかし、飲み飽きない味とは思う。