日本全国の酒蔵を廻りたい人へ贈りたい

東京都

江戸時代から日本の政治経済の中心地であり、

世界有数の巨大都市であった。

当然、酒の需要も多かったが、当時も今の

酒の多くはは関西で造られている。

新酒を大阪から江戸まで船で運ぶ。

これを『下り酒』という。

とはいえ、当時も現在も酒蔵はある。東京の西部、多摩川沿いに

酒蔵はある。

小澤酒造の純米吟醸『澤の井』など。

 

PAGETOP
Copyright © 日本酒紀行 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.