日本全国の酒蔵を廻りたい人へ贈りたい

甘口・辛口

ワインや日本酒などの醸造酒の味についてよく使われる言葉に

甘口・辛口がある。

日本酒には一応日本酒度という基準があって甘口・辛口が数値化されている。

しかし、瓶に貼り付けてあるラベルに日本酒度などを書いてあるのは

ほとんどない。

ただしラベルに辛口と書いてあるのは結構多い。

理由はいろいろあるようだが、今は辛口がもてはやされているようだ。

私自身はソムリエとはほど遠い鈍感な舌をもっているので

甘口とか辛口は気にしない。

辛口を強調している酒も肴しだいによって甘く感じることもある。

またその日の体調によっても甘く感じることも、

ときには苦味を感じたりすることもある。

いずれにしてもあまりラベルに書いた数値に惑わされずに

飲むことを楽しみたい。

先日、+20のお酒を飲んだが、それほど辛さは感じなかった。

もちろんお酒の辛さは唐辛子やコショウと違い、辛口といっても

甘さはちゃんとある。

甘さの全然ない日本酒などたぶん飲む気がしないだろう。

日本酒についてあれこれと詮索するのも楽しいものだが、

私にとってはまず飲むということが一番大事である。

高価なビンテージもののブランデーやシャンペンを封を切らずに

書斎に飾っておくというようなことはしない。

手に入れたらできるだけ早く飲む。

これが日本酒の楽しみ方の基本ではないか。

甘口・辛口 人それぞれの好みはあるが、あまり気にしないでおいしいものを

食べながら飲む。これが日本酒の飲み方の極意。

と私は勝手に思っている。

PAGETOP
Copyright © 日本酒紀行 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.